時間と気分が追いつかない

明けましておめでとうございます。
気温的にはようやく12月の下旬に入ったかのような寒さですがもう新年明けて1ヶ月経とうとしていることが信じられません。今年も気づいたら新年明けておりました。改めまして今年もよろしくお願いいたします。

グラブルはいったんお休みして冷やかし半分で始めた文豪とアルケミストにズブっとハマってます。毎年夢中になれるゲームが出てくるのは幸せなことです、本当に。
2年前私がCoCで夢中になった近代日本(明治~大正)の世界観にクロックパンクを混ぜるというめちゃくちゃ女子に優しい仕様になっています。 実装されるシステムも自室の内装やキャラクターの関係がわかる手紙など、世界観に負けず基本女性がグッと来やすいものが多めなのも素敵。 ゲームシステムの方も放置ゲー寄りではありますが、完全放置というほどでもなく、無駄な操作が程よく削げておりますので比較的ストレスフリーにプレイ出来ます。
艦これもちょこちょこプレイしていたので出撃後の食堂での補給は苦にはなっておりませんが(とても美味しそうなご飯の絵が出るだけでとても幸せな気分になれます)、ここの操作は人によってはいらない動作と思われるかもしれません。 ただ、熱の入ったキャラゲーなので「キャラクターがお腹が空いたからご飯を食べている」という動作は非常にキャラクターに愛着を持たせる要因として一役買っていると思います。
とにかく出来の良いキャラゲーなので近代歴史に抵抗のない方は是非触ってみてほしいです。文庫本の作者近影に載っていたおじさま方が武器を持ったイケメンになっている図は最初なにかフフッとするものがあるかもしれませんが、3日で慣れます。大丈夫。

やっぱり近年は和風・大正浪漫の流行が来ているんだなあと感じたので、今年もこのまま突っ走っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です